大量の本を断捨離することにした切欠は地震でした

生活のこと

昔の私は物をため込む方で、普段出かけるときの鞄も重く、
それ本当に必要?と良く言われていました。
そんな私が、自分の持っているものの断捨離を決意したのは地震でした。

断捨離した中で一番大変だったのは本です。
昔は本棚に入りきらないほどの本を持っていて、
本棚に入らない分は収納ケースにいれてクローゼットにしまっていました。
クローゼットはいつも隅から隅まで物が大量にありました。

今は本の断捨離を行い、
本は本棚に入る分だけとお気に入りでのシリーズをまとめた収納ケースが3つぐらいに
なりました。

引越荷物の半分以上は本でした

本棚に入りきらないほどの本を無理矢理本棚に敷き詰めていました。
それでも本棚に入らない本は収納ケースに入れてクローゼットの隅に積み重ねていました。

収納ボックスは場所をとるのであまり好きではなかったので収納ケースを買っていました。
100均で購入する収納ケースはすぐ破れてしまうのでお勧めしません。
いろいろ買った中で一番良かったのはロフトで売っている収納ケースです。
頑丈で、無茶な使い方をしても破れないのでお勧めです。

一人暮らしする時に引っ越しをしましたが、引越荷物の半分以上は本でした。
本は、ほぼ漫画です。
漫画が小さい頃から好きでほぼ毎月何かしらの漫画本や小説を買っていました。
新居に「本」と書かれた段ボールが10箱以上敷き詰められているのを見たときに、
さすがにこれは多いなあと思いました。

定期的に持っている本の見直しはしていました

買ってばかりでは場所を圧迫するので、
定期的に持っている本の見直しをして、もう読まないと思ったものは
古本屋にもっていったりして処分していました。

昔は古本屋に直接持って行っていたのですが、
毎回結構な荷物になって移動が大変だったので宅配で受け付け可能なところに送っていました。
それでも毎月そこそこ購入するので本は増える一方でした。

電子書籍に移行するつもりはありませんでした

電子書籍が出てき始めても移行するつもりはありませんでした。

紙で読むのが好きだったということもあるのですが、
電子書籍にはいろいろなデメリットがありますよね。
私の場合はとくにこれらのことが心配で電子書籍の移行を渋っていました。

電子端末がないと読めない(電気と端末が必要)

電子端末がないと読めない(電気と端末が必要)というのは、地味に大事なところです。

私は紀伊國屋で電子書籍を購入しているのですが、
新しく購入した本がダウンロードできなくなったことがありました。

原因はアプリのアップデートでした。
アプリをアップデートしないといけなかったのですが、
タブレットのOSが古くアプリをアップデートできなかったのです。

これについてはもうどうしようもなかったので…仕方なく新しくタブレットを購入しました。

日々進歩していくこの時代、この問題は今後も定期的に起こることです。
仕方ないことですが定期的な出費を考えると……ね。

あと読んでいる途中で電池がなくなると読めなくなる…。
仕方ないとはいえ不便さを感じることもあります。

電子書籍を提供している会社がなくなったら読めなくなりますよね?

電子書籍を提供している会社がなくなったら読めなくなりますよね・・・?

これは電子書籍に移行した今でも不安になっています。
電子書籍で購入した本は自分たちの所有物にならないからです。
私たちは閲覧できる使用権を買っただけなので、
提供している会社がなくなった場合は使用権も失いますよね。

今も不安なままですがリスクが少しでも少なくなるように、
大手と言われるところで購入するようにしています。
紀伊國屋は…大手だと思っているのですが違うのかな?
今、メインで使っているのはhontoと紀伊國屋です。

電子書籍で購入した本は売ることができない

これはまあ仕方ないことですよね。
その代わり、クーポンやポイント付与が倍になるなどの特典を得れて
メリットも高くなっていますので、それはそれでチャラですかね。

本の断捨離の切欠は地震でした

そんな私が本を断捨離する切欠になったのは地震でした。

当時住んでいたところで大きな地震がありました。

震源地が近かったことや、当時住んでいたマンションが古かったこともあり、
家の中は地震の被害が大きかったです。
地震があった時は私は通勤電車に乗っていて家に居ませんでした。
nicaが心配で急いで家に帰った時の惨状はあまりに酷かったです。

無事なnicaを見つけたあとで部屋の写真を撮りました。

下駄箱だとか食器棚とか家具が軒並み倒れていたのですが、愕然としたのは本棚です。
この赤丸をつけた物体が本棚です。

本棚は全部で6段の棚があります。
それらすべての棚に入りきらないほどのDVDや本を詰め込んでいました。
それがこんな感じで倒れていました。

この本棚は地震対策に突っ張り棒を一本つけていまいた。
突っ張り棒を吹き飛ばして、
本棚に乗っていたものを全て落としてその上に垂直に本棚が倒れこんだようです。

どうなったらこんな倒れ方に・・・・・・・?
天災って本当に怖いです。

マンションに戻った時に、同じマンションの住人らしき人と会ったのですが、
家の中のものがびゅんびゅん飛んできて怖かったから部屋を出てたみたいです。

地震って本当に怖い・・・。

割れた食器の処分とかいろいろ大変だったのですが、
一番大変だったのが本棚と本片づけでした。

まず、一人で本棚を持ち上げられませんでした。
本棚に何も入っていなかったのですが、6棚分の本が邪魔で動かせなかったのです。
本棚の下に落ちた本を動かしたくても、上に乗っている本棚が邪魔で作業を
すすめられなかったのです。
この時は、実家から父が来てくれてやっと本棚も本も片づけることができました。

これは、アラフォーに差し掛かる年齢の時のことです。
この時に、この先もずっと独身で一人かもしれないということを考えていたため、
自分一人でなんとかできないものは持たないようにしようと思い断捨離を決意しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました