一人暮らし、自炊が辛いときホットクックに出会う

ホットクック

一人暮らし歴11年になります。
節約のため、自炊中心の生活をおくっています。

一人暮らしを始めた頃

一人暮らしを始めた頃は、平日に楽をするため週末に食事を作り置きして起き、
平日はそれを食べるという生活を送っていました。

最初はこの生活で満足していたのですが、次第に作り置きの食事に飽きてきました。
似たようなものばかり作るようになったからかもしれません。
そうなると、

作り置きの食事が余る → 腐るため冷凍庫で保存
        → 冷凍庫に入れても食べる気にならない → 処分

という悪循環が続くようになりました

料理をするのが苦痛になりました

引越してキッチンが狭くなりました。

ガスコンロ 2口 → ガスコンロ 1口

キッチンよりも、駅近とペット可という条件をとったので、
わかっていたこととはいえ…
狭いキッチンで窮屈な思いをしながら料理をすることが苦痛になってきました。

節約のために弁当は毎日準備していたのですが、
その日のご飯はその日に作ることが増え、
スーパーで総菜を買って帰ることも増えました。

キッチンが広くなっても気持ち変わらず

その後、また引越しをしてキッチンが広くなりました。

ガスコンロ 1口 → ガスコンロ 3口

引越した当初はキッチンが広くなって、たくさんの量を短時間で作れることや、
今までできなかった揚げ物などもできるようになって楽しんで料理をしていました。
ただ、日がたつにつれて次第にキッチンが嫌になってきました。

理由を考えてみた

料理は嫌いではないはずなのに……
なぜこんなにキッチンに立つのが嫌なのか理由を考えてみました。

料理をした後の掃除が嫌なのだと気づきました。

油を使えば油が飛び散るし、味噌汁を作っているだけでコンロ周りは汚れるし、
ただ湯煎をするだけでも気づけばコンロ周りが汚れている。
この汚れを掃除するのが嫌なのだと気づきました。
使えば汚れるのは当たり前。
そんな当たり前のことで嫌になってもどうしようもない…と思っていました。

ホットクックを知る

名前は知っていました。
便利そうと思っていてもお値段を考えたら買おうと思えませんでした。

そうこの動画を見るまでは…

体調が良くないときに横になりながらyoutubeをみていた時に流れました。

私の凝り固まった固定概念が崩れていくのを感じました。

私にとって料理するイコール「コンロを使う」でした。
コンロを使わなくても料理を作ることができるということが、
私にとって目から鱗の出来事でした。

使ってみたくて、レンタルを注文しました!

買いたい!という気持ちはとても大きかったのですが、
安い買い物ではないので、一度使ってから考えようと思い、
前に使ったことのあるRentioでホットクックをレンタル注文しました!
とにかく使ってみてから購入を考えたいと思います。

使ってみた感想はまた別記事にしたいと思います。
今から届くのが楽しみです!

余談:家にあるオーブンレンジやコンベクションオーブンでも料理は作れる

動画のご家庭のようにヘルシオは家にないのですが、
家にあるオーブンレンジやコンベクションオーブンの取扱説明書を探してきました。

ホットクックで料理が作れることがすごいと思っていたのですが、
家にあるオーブンレンジやコンベクションオーブンでも料理をつくることができました。
レシピ集は見ていたのに、意識していませんでした。

ホットクックが届くまで時間があるので、試しに鮭を焼いてみました。
コンベクションオーブンでは焼き色がついてカリカリした美味しい鮭ができました。
オーブンレンジでは、ふっくらして美味しい鮭ができました。
グリルやフライパンを使って私が作るよりも焼き加減もちょうどよくて、
美味しかったです(自分で作るといつも焼きすぎてしまう)

こういう機能は最初からあったのに、
使う人が知らなければ、ただの宝の持ち腐れなのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました